1. トップページ
  2. > 商品情報
  3. >炉筒煙管式ボイラ
事業紹介
title
炉筒煙管式ボイラ
more

船舶用ボイラの伝統を受け継ぎ、
さらにIHIの高度な技術が随所に生かされた
ベストセラーボイラです。

  • 多様な燃料に幅広く対応
  • IHI独自のバーナと燃焼制御により、85~92%という抜群の高効率
  • 内蔵式エアヒータやエコノマイザーなどによる排ガスの有効利用で、さらに省エネルギー
  • 低NOx、低騒音の低公害ボイラ
  • 貫流ボイラとの組合せによる省エネルギー
機能・特長

 質の高い蒸気を安定して送り出します。

  • 安全性が高い
    水面制御、燃焼制御など、二重三重の安全対策が施されています。
  • 水処理が容易
    連続薬注、ドレン回収などの水処理装置も簡単にセットできます。
  • ブロー量が少ない
    過度のブローにより熱を逃がすことがなく、省エネルギーになります。
  • 丈夫で長持
    無理のない設計と抜群の強度で、長期間の激しい連続運転に充分耐えられます。
  • 低NOx
    適正な燃焼によりNOxの発生が抑えられ、高効率、低公害です。
  • 乾き度が高い
    常に乾き度の高いハイクオリティな蒸気を送り出します。
  • 負荷変動に強い
    急激な負荷変動にも、安定した蒸気を供給します。
  • 蓄熱量が多い
    自己蒸発量が多いため、安定した運転ができます。

炉筒煙管式ボイラ(燃料)

通常燃料
fuel
  • 油焚
    灯油 A重油 B重油 C重油
  • ガス焚
    都市ガス 天然ガス LPガス
特殊燃料
  • 魚油
    魚(サンマやイワシなど)を圧搾し、抽出した油の内、不純物の多い油
  • 骨油
    魚や鶏・豚・牛の骨を圧搾し抽出した油
  • 動物油(牛脂)
    食肉加工場より余った肉(鶏・豚・牛)を回収し、圧搾し採取した油
  • 植物油
    使用後の食用油や生成時に不純分の多かった食用油
  • 廃油
    工場プロセスにおいて使用していた油
  • 副生油
    工場プロセスにおいて、分解や精製により二次的に発生した油
  • スロップ油
    原油タンク洗浄などで発生する廃油
  • 水素
    水素・バイオガス
その他様々な燃料に対応が可能です。

 

kg01
  • 燃料
    ・多様な燃料に幅広く対応
  • 実際蒸発量(kg/h):420~12,000
  • 換算蒸発量(kg/h):500~14,400(参考)
  • 最高使用圧力:0.98MPa【G】
    (最高使用圧力1.57MPa【G】仕様も制作可能)
  • ボイラ効率(%):85~88
機能・特長
  • IHI独自の圧力噴霧式または蒸気噴霧式バーナを採用。
    簡単な構造で故障のない三位置燃焼制御(KMH02A~06A)、
    比例燃焼制御(KMH08A~24A)を採用しています。
    また、低質な重油からガスまで、燃料を効率よく燃焼しますので、
    燃料費が少なくてすみ、蒸気単価が安上りです。

k-g1

more

kg01
  • 燃料
    ・多様な燃料に幅広く対応
  • 実際蒸発量(kg/h):1,000~12,000
  • 換算蒸発量(kg/h):1,200~14,400(参考)
  • 最高使用圧力:0.98MPa【G】
    (最高使用圧力1.57MPa【G】仕様も制作可能(1.5~12t/h))
  • ボイラ効率:92%
機能・特長
  • 余裕ある高効率に加え、内蔵式エアヒータやエコノマイザーなどによる排ガスの有効利用で、さらに省エネルギーをはかり、ボイラ効率を92%まで向上し、燃料消費量を大幅に節減することができます。

k-g1

more

kg01
機能・特長
  • 低NOxバーナを装備して、NOxの低減を実現した、低公害シリーズ。各種装置の採用で、さらに低公害化がはかれます。
    NOxの低減策としては、1.混合促進型 2.分割火炎型 3.自己再循環型 4.段階的燃焼組込型 5.水・水蒸気インジェクション型に集約されますが、IHIではこれらの方式を単独であるいは組合せて採用し、低公害化を進めています。
  • 低NOxバーナ
  • 排ガス再循環方式(GI)
  • スチームインジェクション方式(SI)

k-g1

more

 

 

ページトップへ